結婚式のスタイル

結婚式を開く場合、結婚式をどのようなスタイルでやるのか考えなければいけません。

教会挙式(キリスト教式)

教会挙式(キリスト教式)は基本的に、新郎・新婦のどちらかがキリスト教徒である場合のみに挙げることができるスタイルでしたが、最近ではキリスト教徒でなくても、教会によってはお願いすれば挙げることができる場合がありますので、キリスト教徒でなくても挙げることができるようになっています。

神前式

神前式は、「神の前で三々九度の杯を交わして結婚を誓う」、古くから行われている日本独自の結婚式のスタイルで、神社はもちろん、最近ではホテルや結婚式場に設けられている神殿で行う場合も多いようです。

仏前式

仏前式は、「仏様に結婚を誓う」挙式スタイルで、仏教徒の方が挙げる結婚式ですが、最近は宗教が多様化し、若い方が積極的にこのスタイルの挙式を挙げることは少なくなっていますので、日本で挙げられている4つの主な挙式スタイルの中で、現在もっとも割合としては少なくなっています。

人前式

人前式は、宗教や風習に関係なく、結婚する二人が決めた自由な形で行う結婚式のスタイルで、「出席者:参列者(両親・親戚・友人・知人など)に結婚を誓い、承認してもらう」、近年、日本でも人気となっている挙式スタイルです。

情報サービス サンマリエ

無料で簡単な質問に答えると、診断結果とユーザーに合った相手のプロフィールシートがもらえる