結婚の報告と結納

結婚式の3〜6ヶ月前に行う結婚の挨拶と結納です。正式な結納には、その地域によって決まったしきたりや習慣があります。また最近では略式の結納や、顔合わせの食事会のみを行うカップルも多いです。

結婚の挨拶

自分の両親に結婚の意思を伝えたら、お互いの家に訪問して、相手の両親に挨拶にいきます。
すでに面識がある場合でも、家に直接訪問して、結婚の報告とお願いをすることが基本です。

  • 日時は両親に合わせる
    結婚の挨拶に行く日時は、相手の両親の都合に合わせるようにしましょう。
    女性の両親にまず挨拶に行くのが多いですが、特に気にする必要もないでしょう。
  • 身だしなみを整える
    基本的にスーツで行くのが無難でしょう。派手な服装は避け、髪型なども清潔感を出せるように気をつけます。
  • 手土産を買っておく
    事前に両親の好物を聞いておくのもいいでしょう。お菓子やゼリー、果物などが一般的です。予算的には3000〜5000円ぐらいでしょう。
  • マナーに気をつける
    家にも寄りますが、ちょっとしたマナーや礼儀に厳しい両親もいます。できる限り注意を払うに越したことはありません。多少違和感があっても、誠意を見せる意味でも、マナーは知っておいた方がいいでしょう。

結納

婚約を公表し、両家の間でしっかりと約束を交わすのが結納です。一口に結納といっても、女性の自宅で行う伝統的な方法の正式な結納もあれば、記念品の交換や食事会での顔合わせだけで済ます場合など、そのスタイルは様々です。

  • 正式な結納
    仲人が両家の間を往復して、納品物を届ける昔ながらのやり方。目録、結納品、結納金、家族書、親族書などを仲人が男性宅に取りに行き、それらを女性宅に届け、最後に受書や納品返しを男性宅に届けます。
  • 略式の結納
    仲人を立てずに、両家の家族が一同に介して、結納品や結納金を取り交わすやり方。女性側の自宅に男性側が訪れて行うか、最近ではホテルや結納用の式場、または料亭などを借りて行うのが主流になっています。
  • 食事会
    きっちりとした結納はしないけど、両親同士の顔合わせも兼ねて、食事会の席を設けるケース。最近はこのやり方も人気のようです。ここで男性側から婚約指輪、女性側から腕時計やカフスボタンなど、婚約記念品を交換することも多いようです。
情報サービス サンマリエ

無料で簡単な質問に答えると、診断結果とユーザーに合った相手のプロフィールシートがもらえる